アメリカ・トランプ大統領の長男が去年の選挙中に、ロシア側からクリントン候補に不利な情報を提供すると持ちかけられ、実際に面会していた問題で、批判が強まっている。これに対し、トランプ大統領は12日、「魔女狩りだ」と猛反発した。

アメリカメディアは今回の問題について、「ロシアとの共謀はないと言ってきたトランプ政権の説明が覆された」と追及を強めている。これに対してトランプ大統領は、ツイッターで「長男は無実だ。これは政治史上、最大の魔女狩りだ」と猛反発。ホワイトハウスも共謀はないとの認識を示した。

サンダース副報道官「(Q:なぜトランプ大統領は“魔女狩り”と言うのか?)(ロシアと共謀していないという)トランプ大統領の見解は明確で変わりはない」

ただ、メディアや野党からは選挙の法律に違反するとの指摘が出ている他、特別検察官も調査する方針だと伝えられている。トランプ政権の緊迫度が高まる中、トランプ大統領はこの後、フランス訪問へと向かう。

転載元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170713-00000013-nnn-int

スポンサーリンク





もっとまともかと思ったが・・・

何かと疑惑も出てくるドナルドトランプですね。

正直なところ、もっとマシな人かと思い、ヒラリーを破って当選をしたときには、非常に期待感は高かったのですが、どうもまともな感じがしないのですよね。

アメリカという国も、かなり疲弊をしているという事を個人的には感じています。中国経済に関してかなりネガティブな事を書きまくっている日本国内のメディアもありますが、今からのキーワードはやはり中国であると感じるわけです。