「最近どうも、幸福感がない」と感じるという事で何か憂鬱な気分になっているという方が多いのではないでしょうか?

この原因に関わっているのが、脳内ホルモンのひとつである「セロトニン」が関係をしているという事が研究の結果として分かっています。

「セロトニン」は、「幸せホルモン」とか「幸福ホルモン」という異名を持っています。

さて、この幸せホルモンのセロトニンの不足が招く身体の不調などもあります。ただ幸福感がないという事だけではなく、突然の激しい動悸、眩暈、などを引きこすパニック障害の原因とも指摘されています。

鬱、不眠、などの原因ともなっているのが、このセロトニンの不足によって身体がリラックス状態になる事が出来ないからという事もあります。

スポンサーリンク





「セロトニン不足」を引き起こしてしまう生活習慣

NG習慣1:日ごろから運動不足

大学生、社会人でもいづれもですが、日ごろ運動が不足をしているという人が多いです。

そこまでハードに運動をしなければならないという事ではありませんが、多少の徒歩通学、通勤をしたり、いつもは電車を使ったりバスで行っている場所に自転車を使っていってみるというようなことで、日ごろから自然に身体を動かす生活を心がけることでセロトニンの分泌が促されます。

通勤、通学の際に適度に日光を浴びるという事でもセロトニンの生成を促すという事が分かっています。

NG習慣2:電子機器のパソコン、スマホの長時間使用

ブルーライトによる強い刺激が自立神経を乱し、セロトニンの力を弱めてしまいます。

従ってブルーライトなどのカットを目的としたPC目がねをする事で電子機器、スマホなどからの瞳への刺激を緩和し身体へのストレスを軽減をしたりする工夫が重要です。

またパソコンの画面、スマホの画面の光は強く、それが自立神経の働きを鈍くするという事も指摘をされています。適度な時間で休息を入れて、背伸びをするとか、ストレッチをするなど身体をほぐすという事を心がけると良いでしょう。

NG習慣3:偏った食生活による栄養不足

幸福ホルモンの「セロトニン」も実際は食生活の中で摂取される栄養素を元に身体で作られているわけですから、セロトニンの元になる栄養素を摂取をしていないといづれ不足をしてしまうという事は当然という事が言えます。

セロトニンの原料になる栄養素はトリプトファンと言われる栄養素であり、大豆製品、マグロ、バナナなどに多く含まれています。また、ピーナッにも多く含まれています。

NG習慣4:不規則な生活

不規則な生活習慣というのは、ダイレクトにセロトニンに分泌を減らしてしまいます。人間の身体はそもそも不規則よりも規則正しく動くというリズムを基本原則としていますから、夜の同じ時間に眠くなる、お腹が減るなど、一定のリズムで生活を出来た方が良いのです。

夜更かし、夜遊びなどは、ほどほどにして日々の生活にはしっかりと規則正しくリズムを作っていく事がセロトニンの分泌を促すには良いという事が言えます。

NG習慣5:仕事と遊びなどメリハリのない心持(常時ストレスを感じている)

仕事と遊びなどのメリハリがなく、何をしていても、いつも緊張を引きずるような生活をしていてはいけません。

どこかで気を抜くとか、リラックスをした状態にしていないと、それは、セロトニンの分泌を減少させてしまうことになります。また、セロトニンはストレス状態に陥った際に身体が緊張をするとか、心拍数を早めるというような動きを緩和をして調整をする役割を持っています。

しかしながら、パニック障害などで、急な激しい動悸などが起こるのはセロトニンが不足をしておりその調整が効かないという現象が起きたからという事になります。

なので、意識的にメリハリをつけて、テレビを見るならテレビを見る。パソコンをするならパソコンをする。本を読むなら本を読むという、ひとつの事に集中をしたりと、楽しむことに集中をする、また仕事のときは仕事という心持を作る事によってストレスは随分と緩和をする事が出来るでしょう。

セロトニンの生成を促すためにトリプトファンを含むサプリメントで補給をする事も効果的

最近は、セロトニンの生成にトリプトファンが必要であるという事で、トリプトファンを含むサプリメントで補給をするという事で、ストレス、鬱、不眠、パニック障害などの症状の予防、又は、症状の緩和をするという事もあります。

実際には食品だけでも充分なトリプトファンを摂取をする事が出来るのですが、人間は思い込みとか、これをしているから大丈夫という際のプラシーボ効果を期待できるので、サプリメントを利用をするのも効果的であるでしょう。

実際にパニック障害で酷い動機に見舞われるという場合に診療内科から処方をされる薬というのはレセプター阻害薬という「脳内にセロトニンは十分に足りてますよ」という状態を脳に錯覚をさせるような薬です。脳内にセロトニンが充分にあるという状態を薬理効果で実現をさせて発作を抑えて少しづつパニック障害の症状を緩和をさせていくわけです。

従って、セロトニンとうのは案外と欠乏をしてしまうという事も言えるわけで、現在パニック障害、また鬱、不眠などにお悩みの方はセロトニンを補給をする事が出来るというサプリメントを購入をしてみるという事も有効な事であるでしょう。

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
“うつ””不眠”パニック障害に!全く新しいサプリメント

脳内からの改善!薬のメカニズムを、安全なサプリメントで!

大麦発酵酵素で脳内伝達物質を活性化「セロトアルファ」

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U5WJX+DK7IDE+2IGE+61RIB
┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

当サイト おすすめ記事

【必見】まさにサプリメントいらず!梅干の驚くべき効能

実はリスクだらけ!歯科金属の銀歯の弊害3選

【女子必見】整った顔の条件を知ってますか? | 美人顔の条件5選

【女性必見】容姿は普通でも「キレイ」「美しい」と見られる女性の共通点5選

前歯の虫歯!保険のプラスチックの歯にする?それとも自費診療のオールセラミックの歯?