銀歯を入れるのは実はリスクだらけという事でALL ABOUTに掲載をされています。

日本国内で銀歯と呼ばれていて、保険治療で認められているのが金銀とパラジウムの合金を使用をしています。日本国内の保険治療では、セラミックの素材を詰め物に使う事、被せ物に使う事が認められていませんし、虫歯の治療程度の事であれば多くが保険適用の治療をします。

だから、金属合金を使った歯科治療を受ける方が多くなります。また歯科金属で保険適用の詰め物で言えば水銀の「アマルガム」も除去をした方が良いだろうという事が指摘をされています。

また、銀歯は見た目があまり良くないという事もありますから、出来れば現在の歯科金属を使用をしていないオールセラミックの歯の治療を受けるという事を検討をしてみると良いのではないでしょうか?

オールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来る審美歯科サービスとして話題の審美歯科の治療の事も合わせて紹介をしている当サイト記事も参照をしてオールセラミックの歯を使った治療で何が出来るのかも合わせてしって頂けたらと思います。

ではオールアバウトで指摘されている銀歯の弊害を見ていきましょう!

スポンサーリンク





歯科金属、銀歯の弊害 3選

1.銀歯は金属アレルギーを引き起こす原因となる

口の中には細菌が何百億と住み、銀歯は日々熱いもの冷たいものそして咬合力を受け、過酷な環境に置かれています。そのため銀歯は劣化しやすく、傷つきやすくなっており、また銀歯の表面から金属がイオン化されて溶けだし、体の中の蛋白質とくっつくことで金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

金属アレルギーは口の中の異常だけに限らず、体全身の異常をきたす可能性があります。手が赤くただれたり、全身にぶつぶつができたりすることもあるのです。銀歯をいれてすぐに異常が出る場合以外に、何年もしてから体に異常が出てくることも多く、原因不明の皮膚病だと思われることがあります。

とくに銀歯に含まれているパラジウムという物質はアレルギーを引き起こしやすく、パラジウムに対してアレルギー反応を持つ方は100名中20名~30名ほどいると言われています。

転載元:本当は怖い歯の治療、銀歯を入れているのは日本人だけ

パラジウムはレアメタルと言われていてなんとなく良い金属のように思うのですが、身体的な影響というところで言えば、金属アレルギーを引き起こしやすい金属という事で注意喚起がなされています。

また、歯科の自費診療であっても、歯科金属を使用をするセラミックの歯であるメタルボンドだと、実は使われている歯科金属がパラジウム合金か、ミロ、ニッケルなどが使われており自費診療で高額なメタルボンドを使っていても保険適用の銀歯と同じが、それ以下の歯科金属を使用をしている場合も多いのでメタルボンドを受けようと思っている方はメタルボンドに使用をする金属の事についても歯医者にしっかり確認をする必要があります。

2.銀歯を被せた歯がまた虫歯になる可能性がある

銀歯と歯は歯科用のセメントでくっついているのですが、正確にいうとぴったりくっついているわけではありません。銀歯を入れる際に歯との隙間をセメントで埋めて、セメントと銀歯の摩擦力でくっついているだけなのです。

そのため入り込んだ虫歯菌によりまた中に虫歯がひろがっていたということは珍しくありません。中のセメントも劣化してくるので、古い銀歯のなかは気づいたら真っ黒になっていたなんてこともよくあります。銀歯の下のむし歯は発見しづらいですし、レントゲンにも写りにくいのでなかなか発見しにくいのも事実です。神経がない歯の場合には症状も出にくいので、しばらく歯科医院に行っていなかったら、歯を残せないほどにぼろぼろになっているなんてこともあります。このような状態を避けるためにも、定期検診は重要ですね。

一方、セラミックのかぶせものや詰め物は歯やセメントと相性がよく、ぴったりくっついているため、銀歯に比べて再び虫歯になるリスクは格段に少ないです。

転載元:本当は怖い歯の治療、銀歯を入れているのは日本人だけ

銀歯を被せた歯がまた虫歯になる可能性があるという書き方は・・・まあ、それはオールセラミックの歯でも同様の事は勿論あるので、何か書き方としては、ちょっと誤解が多くなる気がしますね。

また、セラミックの被せ物、詰め物の方が被せた歯が虫歯になるリスクが低いとされていますが、これも眉唾です。

なぜなら、歯科金属の上にセラミックを使用をしたメタルボンドというセラミックの歯の治療がありますが、それの説明では金属の方がぴったりと歯にくっつくき隙間が出来にくい事でオールセラミックの歯よりも虫歯になりづらいと言われているのです。

従って、情報としてちょっと精度が低いですね。

ただ、オールセラミックの歯の方がより良い治療というのは本当ですし、歯科金属を使用をしていないので金属アレルギーの心配もなければ、金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみもないので、銀歯から歯科金属を使用をしていないオールセラミックの歯に交換をするという事は非常に健康的で良い事でしょう。

3.銀歯だと歯周病が悪化しやすい

銀歯の表面は傷がつきやすく、その小さい傷に口の中の菌がたくさん寄ってきます。銀歯と歯茎の境目にも歯周病菌他たくさんの菌がたまりやすく、銀歯をいれてから歯周病の進行が早まったりもします。

奥歯に銀歯を入れて数年したら、歯茎が腫れたり歯周病で歯が揺れてきた、という経験がある人もいるかと思います。銀歯の周りは特に汚れや菌が溜まりやすいので、歯ブラシ以外にも歯間ブラシやフロスを使い綺麗に歯を磨き、定期的に歯科医院での健診やクリーニングを受けていく必要があります。銀歯と歯茎の境目が菌の住処になっていると、口臭の原因にもなります。

転載元:本当は怖い歯の治療、銀歯を入れているのは日本人だけ

歯周病の進行というのは本当にいやなものですね。確かに奥歯に金歯を入れて数年したら歯茎がはれてくるという事がある場合もあります。

銀歯と歯茎の境目はやはり多少隙間が空いてくる事があるので、その部分には細菌が溜まりやすいのは本当でしょうね。

口臭などが気になってきている方は、一度歯科医院に行き、歯のクリーニングをしたり、定期検診を受けたりすると良いかもしれませんね。

 

如何でしたか?銀歯の弊害も案外と多くありますし、なにせ見た目が良くありませんし金属アレルギーで肌荒れをするなどの事もありますから、出来れば、審美歯科のオールセラミックの歯に交換をしてしまった方が良いですね。

オールセラミックの歯の治療を安く受ける事が出来る審美歯科サービスも人気が殺到をしていますから、なるべく低価格でオールセラミックの歯に銀歯を交換をしたいという方は下記の審美歯科サービスの公式サイトも見てみると良いですよ。

オールセラミック 歯 安い