田中みなみ セミヌード

元女子アナで男性には非常に人気があるが、媚を売るような感じで同性にはあまり好かれるキャラクターではない田中みなみさん(30歳)がananでセミヌードを披露したそうな・・・

「TBSアナ時代は“ぶりっ子”を売りにしていましたが、3年前のフリー転身後は“ぶっちゃけキャラ”に変身。オリエンタルラジオの藤森慎吾(34)との熱愛や破局を自らネタにして話題を集めました」(芸能デスク)

転載元:http://news.livedoor.com/article/detail/13619828/

スポンサーリンク





女子アナは所詮素人・・・

何かと女子アナが・・・と言われる事がありますが、既に女子アナというのは高嶺の花でもなく、言ってしまえばただの素人です。

一芸に秀でる事もないから、一生懸命に倍率の高い優良企業であるテレビ局に激戦の中をくぐり抜けてその職につくわけです。

テレビに映るというだけの話で、ただの一般よりはある程度のルックスも良く偏差値もまあ高かったという普通の一般人です。

元女子アナでは武器にもなりませんし、グラビアアイドル的に売れるのは、もう既に独立した後では旬が過ぎている女性となるためにやはり一般的に言えばディープな層にしか受けないわけです。

本人的には・・・覚悟をしたのだろうが・・・別にセミヌードなど珍しくもない

田中みなみさん以外でも、元局アナなどで水着を披露をしたり、セミヌードに近い露出を繰り広げてどうにか生き残りをかけているというこのご時勢。

しかし、正直なところ、この時代セミヌードとか、別に何も珍しくないし、すぐに陳腐化する。

AKB48などの大型アイドルユニットなどに見られる現象から紐解けば、個人というよりは多くのタイプの女性を、たくさんラインナップをする事で、ついでに異なるタイプの人も見るという程度に大量消費の時代であるのです。

特に女子アナという事での特定のファンをつけてコンテンツに定着をさせる事は困難

特にそもそも素人である女子アナという事を武器にする事も既に出来ないし、元女子アナという名目にどれだけの価値があるだろうか?

ただ、女子アナとしてテレビに出ているうちはテレビに映っている女子アナの中で可愛いから好きとか、顔が好みという事はありますが、女子アナという職を離れて個人として見てもらって仕事に変えていくという事はかなり困難なわけです。

個人的に田中みなみさんは可愛いし、とても好きなタイプなのですが、まあここから仕事として認知をしてもらって、忘れられないようにしていくという事は茨の道でしょう。

テレビに出演をしている芸能人・タレントがyoutubeで動画を出しても動画再生数は伸びないのが現状

テレビに現在も十分に出演をしている芸能人・タレントがyoutube動画を作ってアップロードをしているということもだんだんと定着をいてきています。

しかしながら、あまりパッとしません。確かに映像製作会社とのコネもあるでしょうからテレビを見ているのと変わりない品質で映像編集・加工がなされていますが、しかし動画再生数はイマイチという感は払拭するに至らないのだ。

つまり、自分の顔、人気で商売を成り立たせている現役でテレビ出演も問題なくこなしている芸能人・タレントが個人でyoutubeの動画を出しても思ったほど、その人自身についているファンが少ないし、また一般的にそこまで興味をもたれているわけではないという現実を突きつけられているという事でもある。

そもそも、テレビに出演をしている芸能人・タレントなどは番組制作に於いてのコンテンツの中の付属品であり、それが視聴率などが高くなるというのは、その個人のファンがいるという事ではなく、全ての共演者、出演者に加えて、マーケティングの賜物であり純粋のその芸能人が好きとか、タレントが好きで見ているという事はきわめて少ないという現実が今から芸能人・タレントに突きつけられていくでしょう。